​足底筋膜炎

筋肉には引っ張られても問題の無い方向や角度と、そうでないことがあります。

中や外が柔らかい靴や、足が内側(親指側)に倒される靴は、足底筋膜が間違った方向に拗じられ傷がつきます。これが痛みの原因です。

 

また普段の歩行の際に、足の向かう方向と身体の向かって行く方向がバラバラなことにも原因があります。特に運動中はその動作が早いため、急な動きについて行けず、筋肉は傷つきやすくなってしまいます。

         

つまり、靴から足や脳が受け取る、間違った情報のせいで身体の動き方を間違い、痛みが出るということです。

ドクターフットウォーキングでは、正しい足運び(=歩き方)が出来るようにインソールやアウトソールを調整することで筋肉の捻れや傷を減らし、足底筋膜の炎症の原因を取り除いて徐々に改善へ導きます。

drfoot.png
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

Copyright(C) 2020 Dr.Foot. All Rights Reserved.