ニュートラルポジションとは?

それぞれの関節には、もともと正しい動き方があります。例えば、膝関節は正しい角度で働くと2.5トンの重みに耐えられるといわれており、頸椎背痛腰椎の関節も1トンの重さに耐えられる構造になっているのです。

 

二足歩行のヒトが四足歩行ともっとも違うところは、骨盤が立ったことにあります。

各所の関節が正しい動き方をするため、まずは体の中心である骨盤が正しい位置になることが必要。そして、関節がニュートラルポジションになることで、筋肉が正しく働いて体の動きが正しく行えるようになります。

しかも筋肉が正しく動くということは、体中に張り巡らされている血管やリンパ管が拗じれることなく、血液やリンパ液がスムーズに行き来することにつながります。つまり、体中に栄養と酸素が十分に供給され、老廃物も排出しやすくなるのです。

ドクターフットウォーキングの靴やインソールは、このニュートラルポジションを無意識でも維持できるように調整を施します

​骨盤と足のニュートラルポジション
drfoot.png
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

Copyright(C) 2020 Dr.Foot. All Rights Reserved.