drfoot.png
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

Copyright(C) 2015 Dr.Foot. All Rights Reserved.

ニュートラルポジションとは?

関節のニュートラルポジションについて

関節にはそれぞれ正しい動き方がもともとある。例えば膝関節は正しい角度で働くと

2,5トンの重みに耐えられる。

頸椎背痛腰椎の関節も1トンの重さに耐えられる構造になっている。

先ずは骨盤、体の中心である骨盤が正しい位置になることが必要、人間が二足歩行になって四足歩行と最も違うところは骨盤が立ったことである。

関節がニュートラルポジションになることで初めて筋肉が正しく働き体が正しい動き方が出来る。

筋肉が正しく動くということは中に通っている血管やリンパ管が拗じれることがなく血液やリンパ液の行き来がスムーズである。

つまり体中に栄養と酸素が十分に供給され、老廃物も排出しやすくなる。

このニュートラルポジションを、無意識で維持できる様ように靴・インソールから調整を施すのである。

骨盤のニュートラルポジション

足のニュートラルポジション

 

耳・肩・骨盤・膝・くるぶし・踵がきれいに一直線になる。

足で全身のニュートラルポジションをコントロール。

無意識で正しい姿勢が可能になる。

   DFW-01スニーカー

(SDアウトソール仕様)