角質・タコ・魚の目

痛い角質・タコ・魚の目は、本来なら新陳代謝によって定期的なサイクルで生まれ変わるはずの皮膚に、古くなった皮が剥がれ落ちずに残って起こります。

 

再生サイクルの乱れは新陳代謝が衰えることでも発生しますが、角質やタコや魚の目のように局所的に古い皮が盛り上がって残るのには、刺激や摩擦の影響があります。合わない靴を履くことで足の動きが制限され正しい動きができなくなっていると、歩く時に足を捻ったり、また靴の中で足が滑ったりして摩擦が生じて、皮が剥がれずに厚くなってしまうのです。

ドクターフットウォーキングのオーダーシューズオーダーインソールは、ヒト本来の自然な動き(=スパイラルダイナミクスでそれらを解決することができます。

​また、今できてしまって痛くてしかたのない場合は、痛みを庇って歩く姿勢がトラブルを各所に拡散させますので、併設『ドクターフット』のフットケア(角質ケア)で、角質やタコや魚の目を除去するのもオススメです。

【周囲より黄色く見えるのがタコ】
drfoot.png
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

Copyright(C) 2020 Dr.Foot. All Rights Reserved.