​血行不良・むくみ

見た目の変化、冷えや痺れなどの形で、足にお悩みが出やすい「血行不良」や「むくみ」。なぜ起こるのでしょうか?

 

血液は心臓で肺から送られた酸素を受け取って二酸化炭素を放出し、動脈という血管を通って全身に運ばれます。そうして各器官で酸素と栄養を消費し熱エネルギーを発生させると、静脈という血管を通って再び心臓に戻ります。心臓より上は重力にも助けられ血液が流れていきますが、足から血液が心臓に戻るのは容易ではなく血流が滞りやすい(=血行不良)のです。

血行不良が起こると、血管から水分が染み出して細胞と細胞の間に貯まってしまう(=むくみ)ことがあります。

この余分な水分を回収するために、静脈に沿って張り巡らされているのがリンパ管です。リンパ管で回収した水分は、リンパ節(腺)を通って濾過され再び血流に戻されますが、下半身では鼠蹊部や膝裏などにリンパ節が集中しており、悪い姿勢や歩行、あまり動かないなど生活習慣の影響を受けて圧迫されると、リンパの流れも滞って「むくみ」が解消しづらい状況に陥ります。

 

ドクターフットウォーキングでは、まず最新のマシンと専門知識を持った技術者の手で正しく足を計測、ご愛用の靴やその使い方(履き方)が血行不良やむくみの原因になっていないかチェック。問題点が見つかれば、歩行のアドバイスやインソールでの調整、靴の製作など、最適なお悩み解消法のご提案が可能です。

drfoot.png
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

Copyright(C) 2020 Dr.Foot. All Rights Reserved.